« さよならから始まることがたくさんあるんだよ | トップページ | 僕たちは2人で無人島に行きたかったんだ。 »

せめてもの救い。

昨日は仕事を定時に終えて、直ぐ帰る。

18:00~20:00指定にしていた郵便物が届くので早めに帰ろうと思ったら家に着いたのが18:20。

不在通知が入ってないので、よかったーと思って、飯食って、ぼーっとしてたら、
最近また太ってきたなーと気になり始めて、
12/19にはライブもあるし、伊織にはケーキバイキングに誘われてるし、やせなくちゃなーと思って、
ジョギング再開しようと思って、思い立ったが吉日と思って、すぐ外に出て走り出しました。

久しぶりのジョギングなんで、前やってた半分の3kmくらいしか走れなかったけど、
冬にもなって、すごく走りやすくなって、これからがんばるぞーと家に着いて、愕然。

不在通知が…。

もう大ボケか。。。

なんのために早く帰ってきたと思ってるんだ。。。

もうそんな自分に嫌気がさして、とりあえずコールセンターに電話すると、本日中に届けてくれるとのこと。
せめてもの救い。

そのあと、映像関係の仕事をやってる友達から連絡があって、PVの打ち合わせ。
事務所兼僕の家に来てくれたんだけど、
家にある飲み物が、ビールと焼酎と日本酒とココアとコーヒーという偏ったものw
友達に何飲むか聞いたら、「ビール」と返ってきたので、ビールを飲み始める。

PVの打ち合わせしつつ、新しいアルバム聞きつつ、
これはこんな曲でねーなんて熱く語ってると、ぐいぐいお酒がススムくん。

今は、仕事の話がすごくいいお酒のつまみだねー。

いつの間にかべろんべろん。

伊織に酔っ払って電話。
出なかったので、留守電にメッセージ残すと、今日のバンドメーリングリストで「アンザイ酔っ払いすぎw」と笑われたw

|

« さよならから始まることがたくさんあるんだよ | トップページ | 僕たちは2人で無人島に行きたかったんだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282992/37905016

この記事へのトラックバック一覧です: せめてもの救い。:

« さよならから始まることがたくさんあるんだよ | トップページ | 僕たちは2人で無人島に行きたかったんだ。 »